浜崎茂

FREE MASON

自衛隊員へ

「黙って従っていないといざという時助けてもらえない。」
町内活動というのはこんな強迫観念の下で強制、運営されているのだろう。
不安を利用するのは政治、宗教の常套手段。
スポンサーサイト
11/19(日)20時51分 |未分類コメント(0)トラックバック (0)

政教結合

オウム真理教、幸福の科学、創価学会・・・・
宗教団体は大きくなるとより大きな権力を欲するようになる。
信者を議員にし、市長にし、知事にし、総理にし、国を支配する。
そのためにまず信者を町内会長にさせる。
宗教組織というのは、民主的ではなく独裁的。
そして町民、国民は操り人形。
11/19(日)17時36分 |未分類コメント(0)トラックバック (0)

自衛隊員へ

日本人が恐れているのは、核兵器でも気候変動でも米国でも天皇でも殺人でもなく、町内会だ。
どこか遠い場所のことではなく、半径5メートル内にある、目に見えない力なのだ。
頼まれると断れない臆病な町民自身だ。
政治宗教はその弱さに付け込んでくる。
11/18(土)21時15分 |未分類コメント(0)トラックバック (0)

自衛隊員へ

普通の町民、国民。
「あ、役員が回ってきた、嫌だなあ、忙しいけど、仕方ないなあ、・・・・」
変わった町民、国民。
「やったー!待ってましたー!やっと役員が回ってきたー!ボランティアで皆に貢献するぞー!・・・」

町内会の仕事は、私的な利益を目的としない公務に当たる。
大金を受け取る政治家が、責任とボランティア精神を持って、ない知恵を絞ってやればよろしい。
俺は、政治家にチヤホヤしたり、甘やかしたりしない側の、極少数の国民だ。
町内会の仕事をしたくない全国の町民は、それを断るのに理由など必要としない。
「頼む人が間違っています。」
でお終い。
お人好し国民にできる、自惚れた政治に対するささやかな抵抗だ。
11/18(土)20時47分 |未分類コメント(0)トラックバック (0)

自衛隊員へ

全国の町内会を消し去ると国民は楽になり、政治家には不倫をする暇がなくなる。
そ手段はクーデター。
11/18(土)02時38分 |未分類コメント(0)トラックバック (0)
| home | next