浜崎茂

FREE MASON

選挙公報

自衛隊と警察のクズども
お前らの仕事は、≪国民の平和と安全を守る≫こと。
そのためにお前らが心掛けることは、『敵を殺しまくること』
ではなく『敵を減らすこと』。
強い立場の者には媚び、弱い立場の者には横柄なタイプや、嘘を
平気で吐ける奴、勝てば何やってもいいと考える奴は敵を作る。
お前らを指揮する政党の政治家とはどんな人間の集団だ?
「一人じゃ何もできない、お金がなければ何もできない、
自分達さえ良ければそれでいい」」
そんな現実思考を常識とした烏合の衆ではないのか?
国民の平和と安全を守るために、お前らを動かす人間を知れ!
He who loses wealth loses much; he who loses a friend loses more;
but he that loses his courage loses all."
(富を失う者は多くを失い、友を失う者はさらに失うが、勇気を失う者はすべてを失う)

人間の歴史というのは、常に理想と現実の戦いでしかなく、それはザックリと分けてしまえば、男と女の戦いであり、夫婦喧嘩に例えられる。
旦那 「世の中は信用が大切なんだ!」
嫁  「何寝言言ってるの!お金に決まってるでしょ!まったく男って子供なんだから!」
選挙では、お金と信用のどちらを選ぶ国民かが問われる。
安倍総理は二度の公約違反を犯しているにも関わらず、国民には正しい判断と評価されている。
消費税を上げなかったからだ。
約束=信用より金を選ぶ国民がいつも証明されているのだ。
・政治家
「いいですか?お金より信用が大切なのです。お金は信用をできるだけ見える形に変えたものだからです。ただし一つ申し上げておきます。信用が大切なのは、極少数の、誠実な人に対してだけです。大多数の、卑怯で他力本願な国民には、吐きたくない嘘を吐かなければならないのが民主主義なのです。」

はじめから選ぶ気のない固定票を持つ国民は、自分の健康や生活が覚醒剤によって奪われることが理解できない人間と同じく、自分達の平和と安全がその『考えない票』で奪われることが理解できない。
警察と自衛隊のお前らが、それを放置している理由がこれだ。
「勉強さえできりゃいいんだよ!」「スポーツさえできりゃいいんだよ!」「法律さえ守ってりゃいいんだよ!」「言われたことさえやってりゃいいんだよ!」「・・・・・・・・」
世の中には「こうでありさえすればいいんだ!」などということに正当性が一つもないことを、お前らは知らないのだ。
お前らは、昔、何故、天皇現人神教育が施されたのかも知らない。
『賢者は最悪を想定し楽観的に行動する』
お前らは、権力側がもし、かつてのように、特攻や集団自決を迫ってきた時、「了解しました!」と言えるのか?
命令が下りてきた時にはもう遅いのだ。
次に起こる戦争では、『自分達で選んだ政治家が決めたこと』という自己責任論がお前らと国民を殺すのだ。
お前らも国民である。
しかしお前らは、いざという時、「キャー助けてー!」と逃げ出す国民であっては役に立たない。
有名人を見て「キャーステキー!」と追いかける国民であっては役に立たない。
選挙の時、「キャーセンセー!」と擦り寄る国民であっては役に立たない。
饒舌な政治家がテレビに現れた時「キャーきっとあの人がスーパー政治マンよおー!」と期待する国民であっては役に立たない。
お前らは、キャーキャー風に流される普通の国民とは一線を画した判断をしなければならないのだ。
そのために、お前らには、せっせとフォロワーを増やそうとする女々しい政治家ではなく、より多くのリーダーを作ることがリーダーの務めと知る強い指揮官が必要なのだ。
手厚い退職金と年金を楽しみにしているだけのクズなお前らに命令してやる。
国会、内閣、最高裁判所、この国の3つの権力を制圧し、フィリピンで、ゴミ山で暮らす子供達のために人生を捧げた中村八千代氏を連れてきて、内閣総理大臣(最高指揮官)の椅子に座らせろ。
そして、お前らのクソガキと社会のクソガキ、何より、クズなお前ら自身に、個人であっても社会であっても、変化のチャンスというのは数年に一度しかないのではなく、勇気を持って決断したその瞬間、劇的に訪れるものだということと、彼女の人生から、どんな苦境にあっても失われない思いやりは、一国を治めるに相応しい精神なのであるということを、身をもって教えてやるのだ。
それが、人を殺す武器を持つお前らに、潜在的に与えられている特別任務であり、未来に伝えていくべき遺産であり、英霊達の願いであり、究極の道徳教育なのだ。
お前らにとって日本の軟弱な権力の制圧は、「そろそろ便所掃除でもしとくか・・」程度の仕事。
憲法には、すべての国民は、違反しない選挙ではなく正当に選挙された国会議員と共に行動するよう明記してある。
日本の選挙が憲法違反であり、お前らが憲法違反の権力に従っている証拠写真を見せてやる。
憲法や法律を持ち出すまでもない、子供でも分かる簡単な証拠を見せてやる。
記者が全員、頷くしかなかった証拠を見せてやる。
おい!警察と自衛隊!逃げるなよ? 正しいことが分からない子供のように、いちいち上司の顔色を伺うなよ?
横で繋がり、一人一人がリーダーとしての自覚を持って計画し、行動し、長年に渡ってチヤホヤされたことで自惚れた国会議員と最高裁判事をはじめ、お前らが必要と感じる権力者を一人残らず拘束するのだ!その時もし、「政治を変えるのに綺麗事は通用しない。まだ血が必要だ。」と感じたなら、射殺しろ! 武器と勇気と正義を持ったお前らが、圧倒的な力で政治を変え、国民を変えるのだ。お前らの勇断が歴史を繰り返させない理由であり、新しい未来を拓く最後の希望であることは、疑いようのない事実なのだ。
                        ≪フリーメイソン・イルミナティ≫
スポンサーサイト
06/08(水)22時35分 |未分類コメント(0)トラックバック (0)
| home | next