浜崎茂

FREE MASON

自衛隊と警察へ

*自衛隊員と警察官へ〈一票と戦争〉
政党   VS   天皇
権力   VS   権威
集団   VS   個人
金を集める VS  信を集める
『政治は信なくば立たず』
平成28年8月8日は、天皇が、内輪揉め選挙に明け暮れ、
この国の権威者の気持ちすら理解できない政治家を選ぶ国民に、
わざわざ、テレビを通じ、不満を伝えた日。
「私の気持ちを理解してくれ」と、国民に救いを求めた日。

個でも国でも、弱いものは舐めてかかられるこの世界、「自衛隊や警察には勇気や覚悟がある」ということを各国に示すことが国防や秩序を守る基本中の基本であると気が付いたなら、『大量虐殺』を公約した候補者を、臆病で頭が弱くただ威張っているだけの、他力本願で恥知らずな小松市民よる選挙を通すことなく力づくで国のトップに置き、諸外国のリーダーから見えるようにすることだ。
“He who loses wealth loses much; he who loses a friend loses more; but he that loses his courage loses all."
(富を失う者は多くを失い、友を失う者はさらに失うが、勇気を失う者はすべてを失う)
媚びを売り買いし傲慢な権力を産み育てる土壌を変えることが、まともな大人を育てることに繋がる。
"I start with the premise that the function of leadership is to produce more leaders, not more followers."
(リーダーの役割とはリーダーを作ることであってフォロワーを増やすことではない。)
古い常識を捨てなければ新しい発想は生まれない。
投票用紙に浜崎茂と書かなかった男、女、上司、部下、国賊として一人残らず射殺しろ。
俺に武器を渡し、国会、内閣、裁判所の、権力を手放せなくなった弱い人間と国民の両面から叩け。
平和ボケや権力ボケが【手遅れになるまで目が覚めない】という性格を持つ以上、武器を託された者に潜在的に与えられている特別任務を遂行し、国防や教育の最大の弊害である、世界が見えない井の中の蛙どもを思い切って処分するのだ。
お前達の最高指揮官は、信念も思想も信条も理想も哲学もない骨なしミーハー世論とは無関係に、お前達が自ら変化の意志を示した時から『王』として教育を受けた浜崎茂となる。
An army of sheep led by a lion would defeat an army of lions led by a sheep.
(一匹のライオンが率いる羊の軍隊は、一匹の羊が率いるライオンの軍隊を打ち負かす)
お前達、織田信長の家臣の生まれ変わりの血が主の匂いを思い出す時、乱れた国は一つになる。

世界中が知っている、物質的には平和で豊かな国、日本。
その石川県小松市から起こるまさかの『区別ある大量虐殺』が、まだ間に合う国民の目と耳を開き、それまで考えなかったことを考えさせ、行動させ、日本中、世界中から人格者のみを連れて来る。
差別を、人種でも国籍でも宗教でも学歴でも職歴でもなく、過信という横の線で引く者達のことだ。 
The real voyage of discovery consists not in seeking new landscapes, but in having new eyes.
(真の航海とは新しい景色を見て周ることではなく新しい目を持つことにある。)
お前達は、バカ親の洗脳を受けている子供達に、変化の機会とは数年に一度と決められているのではなく、勇気を持って行動した瞬間劇的に訪れるものであるということと、それは金メダルやノーベル賞、更には、数万という臆病者の命より尊いものであるということを伝える重大な責務を負っている。
今上天皇が亡くなる前に軟弱な権力と手を切り、今すぐ行動に移さなければならない。
人格者の街、国、世界を創るという崇高な目的に賛同できないクズは自衛隊と警察に限れば少数派。
小松警察署から、警視総監、警視庁長官、そして全国の警察官にはしっかりと伝えてある。
小松基地司令から、全国の自衛隊幹部にはしっかりと伝えてある。
自衛隊員達が、「この女の尻に敷かれたような最高指揮官(総理大臣)や議員達の判断では何一つ守れない。こいつらの保身は断じて違う!」と気付き、三権の制圧に乗り出す時には、絶対に邪魔をしないよう、無駄な血を流すことのないよう、しっかりと伝えてある。
ビクビクグズグズせずに、俺に武器を渡し、心身共に老いていく街や国をその手で変えるのだ。
・・・次ページへつづく
スポンサーサイト
12/18(日)21時16分 |未分類コメント(0)トラックバック (0)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
| home |