浜崎茂

FREE MASON

自衛隊員と警察官へ

日本では、1889年(明治22年)の衆議院議員選挙法38条2項が、「選挙人ハ投票所ニ於テ投票用紙ニ被選人ノ姓名ヲ記載シ次ニ自己ノ姓名住所ヲ記載シテ捺印スヘシ」と定め、この方式による投票が実施されたこともあるが、1900年の選挙法改正以降は、一貫して秘密投票が実施されている(日本国憲法15条4項参照)。

これは
「名を名乗って責任を持て」という日本の精神が、1900年から消えていったということ。
公開すると、
「あの人誰それに投票したのよ、いやねえ・・・仲間はずれにしましょ、そうしましょ、そうしましょ・・・・」
となり、民意が反映されないと考えたからだ。
しかし所詮、仲間はずれが怖くて自分の意思を主張できない国民性が変わるわけでもなければ、権力の魅力に憑りつかれた政治家がそれを変えたいとも思わなかったのだ。
ちゃんと候補者と話し合った小松市民は何人居る?
居ないだろう?
見て聞いただけで知ったような気になったんだろう?
民主主義にとって一番肝心な、自分の口を使わないだろう?
すべて受け身なのだ。
女なのだ。
小松の男はただのメス豚なのだ。
スポンサーサイト
03/28(火)20時02分 |未分類コメント(2)トラックバック (0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/03/29(水) 19:37 | | #[ 編集]
なんで最新の投稿を消したの?
2017/03/30(木) 00:00 | URL | チンピラ市民 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
| home |