浜崎茂

FREE MASON

自衛隊員へ

『溺れる者は藁をも掴む。』
戦前、
心の拠り所を求める人々は、
「天皇は神様ですよー」
と言われそれを信じた。
戦後、
「やっぱり神様ではありませんよー」
と言われても、
「ああそうですか」
とはならない。
心の拠り所を求めることが当たり前の家庭で子供は育ち、様々な宗教に入信していく。
家庭も国もバラバラになった。
権力は、『心の拠り所』を狙う。
自律と自立を目的としているモンテッソーリ教育は、国民に依存されることを求める政治家の敵となる。
スポンサーサイト
07/02(日)23時53分 |未分類コメント(0)トラックバック (0)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
| home |