浜崎茂

FREE MASON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--(--)--時--分 |スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)

英語を上達させたい人 募集

> あなたのプランが知りたい

俺の目的は英語を第二言語として日本に根付かせること。
プランは手段に過ぎず、何千、何万という人の数だけ存在する。
イチローのようになりたいと思ってイチローと同じ練習計画を立てたところで、何の意味もないのだ。
保身政治家がコソコソと、
「お、こりゃいい案だ、しめしめ、盗んでやろう・・・」
と思って実践したところで、何一つ上手くいかない。
監督を変えなければチームは変わらない。
社長を変えなければ会社は変わらない。
政治家を変えなければ国は変わらない。
人を変えなければ、大きなことは、何も変わらない。
俺には、手段を共にする奴は要らない。
俺には、目的を共にする仲間が必要だ。
12/01(金)02時03分 |未分類コメント(0)トラックバック (0)

英語を使いたい人 募集

英語は慣れ。
日常的に使う必要がある。
ペラペラの人間を一人育てるより、
「えくすきゅーずみー」
をどこでも使う人間を100万人育てるのが英語環境を整えるということであり、政治家の仕事だが、選挙ごときでビクビクメソメソしている、勘違いの臆病者達ではお話しにならない。
英語は選挙と同様、競うものではないのだから。
「やったー100点だー勝った勝ったー!」
自分さえ良ければいい奴らは、英語環境を作ることができず、結局、忘れていく。
記憶したことはシェアし、他者に憶えてもらって使っていってもらった方が、自分にとっても得なのだ。
俺には、勇気のある、大きなハートを持った仲間が必要だ。
11/29(水)22時46分 |未分類コメント(1)トラックバック (0)

環境の力

Native English Speaker でさえ、日本に長く住んでいると英語を忘れはじめる。
言語とは環境の影響をもろに受ける。
90パーセント以上の日本人は、
「英語は話せないより話せた方がいい」
そう思っている。
同じ思いを持った日本人が圧倒的大多数を占めているが、臆病に犯されている。
大量虐殺の浜崎茂が考案した
コマグリッシュ
が、その大量のガソリンに火を点ける。
「エクスキューズミー」「アイムソーリー」「さんきゅー」・・・・
を言ったことがない日本人は居ない。
英語を話したことがない日本人は居ないのだ。
英語を話せない日本人など地球上に存在しないのだ。
勇気のない日本人が大量に存在するだけなのだ。
最初に手を挙げるのは誰だ?
11/28(火)23時50分 |未分類コメント(0)トラックバック (0)

外務大臣官房、アメリカ陸軍(グリーンベレー)の翻訳担当だった大叔父の意思を、まさか、俺が継ぐことになるとは、運命とは実に面白い。
学生の頃英語の成績は人並みだった俺が、東日本大震災の後、6年勉強したからこそ、英語でつまづく日本人の気持ちが分かるのだろう。
英語といっても、アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語、・・・・・アジアン英語・・・世界では様々な国の特徴を持った英語が使われているが、日本には日本特有の英語が存在せず使われていない。
何故なら、日本で英語を使うのは恥ずかしいことだから。
道を尋ねる時、スーパーで探し物をする時、外食で注文する時、
「ちょっとすみません・・」=「エクスキューズミー」
を言うことができない。
日本人は英語に憧れているから、看板やシャツ、チラシ等、そこらじゅうに英語が溢れている。しかし、口には出せない。
完璧でなければ自信が持てない。
言語の正体や日本人の性格を知れば、第二言語としての日本英語の広め方は見えてくる。

The secret is in a study done in 1971 Dr Moravian of university of Carifornia wanted to know what exactly is language. so he did a study where he looked at many many people talking together and he focused on three specific areas.One words and phrases two the tone of voice three body language. He wanted to know what parcent of language is words, what parcent of language is tone of voice, and what percent of language is body language. What were the results they were kind of surprising. Body language like the way your hands move the way you stand made up 55% of language. 55%of the meaning someone said was in their body. what about voice tone. Voice tone like the pitch of your voice how loud your voice is made up 38% of the meaning of what someone was saying .
Words and phrases are only 7%of the meaning of what someone is saying yet most classes most lessons make it almost 100% of their teaching time. the remaining 93% they almost never pay attention to.
Many Japanese people say "I have to study more words. Oh I have to study more phrases" but the truth is even if you don't know that many words or you don't know that many phrases by using the English you know now you can say a lot of things.

日本人の二歩目は、ジャパングリッシュ。
一歩目は、浜崎茂が考案した、コマグリッシュ。
政治家が重点を置く
『正しい英語』
ではなく、
浜崎茂が考案した
『通じる英語』
小松市民は、日本語とコマグリッシュを使えるようになる。
コマグリ国に、留学を考えている全国の学生が興味を持つ。
子供の修正能力は大人の比ではないのだから。
高齢者は、『でたらめ英語の大切さ』を学ぶ。
それは、ちょっとした勇気、からはじまる。
11/28(火)03時07分 |未分類コメント(0)トラックバック (0)

としよりの勇気がくにかえる
11/27(月)18時23分 |未分類コメント(0)トラックバック (0)
back | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。